ぐらん婆あの写真館

初めて人間とご対面のオジロワシの若さま!!

2年ほど繁殖を観察できなかった 地元のオジロワシの鄙の誕生から巣立ちまで
幸運にも今年は2ヶ所でみることができました。

繁殖は難しくどちらも期待薄で 特に近くの営巣木には何度みても気配なく 
老齢だからなんて皆さん諦めて 訪れる人もない7月のある日
寄り道してみると すっかり成長した2羽の鄙をみつけ 仰天しました。
既に1羽は巣立ちし茂みに飛んで行く姿を もう1羽は遅れて成長したのか 
2週間ほどしてやっと巣から離れて行きました。


今回の幼鳥さんは 別の場所の巣で1羽だけが育っていて 巣立ち10日目ぐらいに 
いつも親鳥が休憩してた木に止まり 広がった景色(下界)を見てましたす。

突然現れた至近距離の人間に驚き 緊張して全身が固まったと思います。
ずっと見守ってきた私は 思いがけぬ近さで会えて 嬉しさと感動でした。

IMG_9999_239.jpg

IMG_9999_250.jpg

IMG_9999_274_2017091411420332f.jpg

IMG_9999_194.jpg


さぁこのピンチをどう逃げだすか周囲を見回し 暫くして後ろ側に飛び出して行きました。
初めてみた人間が でぶっちょのおばぁーでごめんなさい!!

IMG_9999_133_20170914114157592.jpg


口から心臓が飛び出る!!あまりの驚きをそんな表現をしますが 真っ黒い瞳を見開いてますね。 

本当に驚かせてごめんなさい!!無事大きくなってと祈る気持ちです。

IMG_9999_261_20170914114244a5c.jpg

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ

 ↑
ぽちっとお願い致します~(^^)
スポンサーサイト

新緑と青空が似合うオジロワシ!!

またまたオジロワシの話題です。

何時もの防波堤や海岸ではなく 新緑の山林でオジロワシに出会いました。
1枚目は 見上げた木に止まっていて 余りの近さに圧倒されましたが
気づきながらすぐ飛び立つでもなく 私には目もくれず堂々と周囲を見回してます。

初夏のオジロワシをご覧下さい。

IMG_9999_78.jpg

IMG_9999_83.jpg

IMG_9999_303.jpg

IMG_9999_320.jpg

IMG_9999_319.jpg

IMG_9999_178.jpg

IMG_9999_101.jpg

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ

 ↑
ぽちっとお願い致します~(^^)

白髪のオジロワシ夫婦

 
  オジロワシが 国道沿いの防潮堤に 番で止まってました。
  光の角度か 今日は頭が真っ白!!かなり高齢に見えます。
  今の時期 夫婦でいるのを見ると ここ何年か繁殖に失敗してる地元でも
  一番近い所で暮らしてる番と思います。

IMG_9999_9_201706081153541ce.jpg

IMG_9999_1.jpg

IMG_9999_37.jpg

  いつの間にか 左の1羽が飛び去り 残った1羽もこの姿勢は飛ぶ!!
  勇姿を残して 飛び去りました。

IMG_9999_59_201706081153574d7.jpg

IMG_9999_60.jpg

IMG_9999_62.jpg

IMG_9999_64.jpg

  最近 海辺で1羽が良く餌待ちしてるのをみて 若しかしたら新しい巣を作り
  繁殖してるかも‥‥とチョッピリ期待したのですが 違うようですね。
  
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ

 ↑
ぽちっとお願い致します~(^^)

オジロワシ 黒いキツネと 延々連なるツララ!!

数㍍先の木に止まって朝食を狙ってるオジロワシ 目線が同じ至近距離です。
ドアーを開けたらすぐ飛んで行ちゃいました。ごめん お邪魔さまでした。

IMG_7269.jpg

IMG_7273.jpg

IMG_7283.jpg

今度は寄り道した先で 黒いキツネに出会いました。
数年前からこの辺で 時々見かけますが何時も1匹だけです。
キタキツネと銀キツネのハイブリッドとか 正確ではありませんが
キタキツネより一層野生らしい凄さを感じます。

IMG_7062.jpg

IMG_7078.jpg

さらに回り道したら 延々とツララが連なってる光景がありました。
風景写真初心者は どう切り取っていいか 唯々写してみました。

翌日にはもうない氷の世界 ひとときの感動の出会いです。 

IMG_6738.jpg

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ

 ↑
ぽちっとお願い致します~(^^)

オジロワシの若鳥と 睦つましい番!!


海岸線を走っていたら オジロワシの若が目に入りました。

0P5A0532.jpg

車をみても逃げません。流石5㍍近くになると フレームからはみ出してます。
ふん誰だ?と まだ黒い瞳で興味深げにみてる若さま。
人の生活圏近くで生まれた1~2年生と思います。

0P5A0446_20170113001313b9d.jpg

若さまは 左側に飛び出すと予測して 右におきピンしていたら あらら(=^_^;=)
くるりと右向いて 飛び出して行きました。
こんな失敗どれだけ体験したでしょう (=^_^;=) 2017年少し進歩したいですね。

0P5A0540.jpg

0P5A0549.jpg

早朝見回ったフィールドで ほんわり色づいた樹氷の枝にオジロワシが
1羽止まっています。 いい感じとみてたら もうⅠ羽飛んで来てくれました。

0P5A0533.jpg


そしてこの寄り添ったシルエット!!
寒さは厳しいのですが 確実に春に向かってると嬉しくなりました。
毎年1月にオジロワシ夫婦は春を迎えるんですね。
縁起の良い出会いで始まりました。

0P5A0708.jpg

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ

 ↑
ぽちっとお願い致します~(^^)